diary

読んだ

自分用メモ・ノート

period-日本古代史

広瀬和雄「古墳時代像再構築のための考察--前方後円墳時代は律令国家の前史か」2009

2017-06-03記 広瀬和雄. 2009. 「古墳時代像再構築のための考察–前方後円墳時代は律令国家の前史か」『国立歴史民俗博物館研究報告』150 長い。100p以上の大作。考古学研究の現状批判に費やされる部分がとても多い。記紀などの文献に安易に頼っていて、考古…

福永伸哉「古墳の出現と中央政権の儀礼管理」1999

2017/5/31記 福永 伸哉. 1999. 「古墳の出現と中央政権の儀礼管理 (考古学研究会第45回総会講演・研究報告)」『考古学研究』46(2) 「多様な前史をもつ広い地域に初期の前方後円墳が短期間のうちに広がった要因は何か?」という問いを掲げつつ、文化人類学で…

和田晴吾「古墳時代の生業と社会--古墳の秩序と生産・流通システム」2003

2017/5/30記 和田 晴吾. 2003. 「古墳時代の生業と社会–古墳の秩序と生産・流通システム」『考古学研究』50(3) 「古墳文化論」で述べられていた生産・流通システムを詳述したものとして読む。多数行われている個別研究を見渡して全体を捉えていこうとする試…

和田晴吾「古墳時代研究小史」2011

2017/5/30記 和田晴吾. 2011. 「古墳時代研究小史」広瀬 和雄・和田 晴吾編『講座日本の考古学7 古墳時代(上)』青木書店 江戸時代から1960年代までの古墳時代研究史。胎動期(江戸)・揺籃期(明治大正)・生成期(昭和前期~1945)・発展前期(昭和中期1…

福永伸哉「 前方後円墳の成立 」2013

2017/5/29記 福永伸哉. 2013. 「 前方後円墳の成立 」大津透ほか編『岩波講座日本歴史 第1巻 : 原始・古代1』岩波書店 「前方後円墳成立の意義」を研究史・研究の新潮流と関連付けながら、検討する。著者の専門の三角縁神獣鏡あたりも述べられるが一部に留ま…