論文感想(大谷 正. 2014. 「在米日本公使館「書記官」D・W・スチーブンスについて : 大隈外相期と陸奥外相期に限定して」)

2017/06/23

大谷 正. 2014. 「在米日本公使館「書記官」D・W・スチーブンスについて : 大隈外相期と陸奥外相期に限定して」『メディア史研究』読んだ。

ー在米日本公使館で活動したスチーブンスに着目することで、「明治中期になると日本人外交官の育成が進み、お雇い外国人に頼らない外交活動が可能になったという思い込み」を否定しようとする。/①条約改正交渉における国務省や議会関係者との交渉・ロビー活動②調査報告書の作成提出③ジャーナリストへの接触、メディアへの論文投稿など日本の広報宣伝活動に従事したスチーブンスがいなければ大隈・陸奥外交期の在米公使館は成り立ちえなかった。と

ースチーブンスはのちに大韓帝国政府外交顧問となって日本の意を受けて活動し、韓国独立運動家に殺害される。勲一等旭日大綬章。/この論文は、1889年のベルリンでの条約改正交渉は英語に疎い駐独公使西園寺公望に代わってお雇い外国人のシーボルトが実質的な日本公使として交渉した。という大石一男『条約改正交渉史』での指摘に触発されての論とのこと。/ http://ci.nii.ac.jp/naid/40020218466